マッシュルーム 漫画のあらすじストーリー

マッシュルーム 漫画のあらすじストーリー

作品の内容をザックリ説明すると、

パンドーラという拡散菌に感染した人は、「マッシュルーム」という自分のコピーを生み出すのです。

感染者に触れらたあとに、かなりの苦痛を伴い、分身を生み出す。

完全に別個体で、独立したマッシュルームは、凶暴で身体能力が異常に高いのです。

そのため、人を次々と殺め、害を及ぼすタイプが多いです。

その彼らを、始末するのが、黒男(正体不明の青年)です。

 

黒男との戦闘や、次々出てくるグロシーンが見どころの漫画です。

配信サイトは?
ハンディコミックです。ハンディコミックは、スマホ専用の公式サイトです。

iPhone、Android対応で、無料の立ち読みが可能。

マンガのダウンロードもでき、スマホがあれば、いつでもどこでも読めます。

わたしも実際に利用中で、

小池ノクト先生マンガのダウンロードはもちろん、

他の漫画も、ちょっとのネタバレが読めます。

トラブルなく、安全に漫画が楽しめますのでオススメのサイトです♪

 

マッシュルームあらすじ(ネタバレ含む)

漫画のあらすじを紹介!

少しネタバレ含むので注意です。

90年代後半、

生物学者の亜楠(あくす)たちは、ボワヤ族が住む村へ訪れるのです。

分子生物学者である亜楠は、赤ん坊の「小太郎」を連れて、調査に夢中。

危険なボワヤ族が住むところへ、子どもを連れてくるなんて何考えてるの?

と、理解されない亜楠ですが、

「小太郎」には、自分の見るもの全てを見せたいと思っているのです。

ボワヤ族は、長年争いを繰り広げてきた戦闘民族で、

最後まで勝ち残ってきた部族なのです。

政府から許可は下りているものの、命の保証は無いのです。

そんな危険な場所を探索するメンバーは、目的地のキャンプで、

皆既日食(かいきにっしょく)を
見ることに。

そのためには、ボワヤ族の縄張りを通らなくてはならないのです。

でも縄張りを抜ける前に、

皆既日食が始まる…。

あたりは暗くなり、何も見えない状態に。

そこへ、ゴリラのような巨大生物が現れるのです。

仲間は殺され、パニック状態。

かろうじて生き残った亜楠と、小太郎、他二人が、

ボワヤ族の住みかへ向かうと、悲惨な状況なのです。

あの部族がやられるなんて、タダ事ではないと、

近くの小屋で身を潜めていると、一人の少年を見つけるのです。

警戒心が強く、おびえている様子。

そこへ、ボワヤ族が現れ、ピンチに…。

すると、先ほどの少年が、次々と彼らを瞬殺。

惨殺シーンを目に焼き付けた小太郎は…

そして、亜楠の行方は…?

この件以来、

「パンドーラ」と呼ばれる菌が広まり、

橘倫(たちばなりん)が住む現代でも感染者が現れるのです。

感染すると、デュプリカントが起こり、

もう一人の…。

 

 

カテゴリー: マッシュルーム/小池ノクト | タグ: , , , , | コメントする